同志社大学 競馬サークル Triple Crown

同志社大学 競馬サークル Triple Crownのブログ兼HPです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞 捻らず素直に

オルフェーブルは大外枠。
ここで、どう考えるかで本命党か穴党かある程度分かる。
本命党はこれでオッズが上がるならそれはそれでOK。
穴党はチャンス到来と考え、内枠の馬を狙う。
私は後者。でも、ここは捻らない。
サークルのイシダ君は前者であり、皐月賞は素直にゴールドシップを本命に推した、私はまぁ本命よりの馬であるがワールドエースの魅力に賭けた。
サークルの良いところは、他のメンバーと予想を共有し、修正できるところである。またそれ自体が楽しいのである。
で、天邪鬼にオルフェーブルの印を落とさず、素直に買う◎とした。

対抗は本当なら天邪鬼に本命にしたジャガーメイル。
去年のJCでブエナビスタの0.3差に来たように地力はある。有馬記念はドスローの展開になったので参考外。
京都の内が伸びる馬場で、人気馬が外枠に固まったから、ポジションは取りやすい。東京、京都に良績が集中しているように直線が長い方がよい。

次に評価するのはギュスターヴクライ。
ダントツ本命がいる中でそれを負かすのは何かと考えていたら、ディープインパクトとハーツクライの関係を思い出す。本命を負かすなら前に行って器用に立ち回るか自在性のあるタイプだろう。
ハーツクライが有馬記念で先行してディープの追撃を振り切ったように、一発見せるならこの馬か。

次に評価するのがウインバリアシオン。
同じくハーツクライ産駒。ジャパンカップでは3コーナーから先頭をうかがうという器用なレースをした。
オルフェーブルに真っ向勝負を挑んできたのは評価できる。

ヒルノダムールとトーセンジョーダンは押さえまで。

馬好き

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。