同志社大学 競馬サークル Triple Crown

同志社大学 競馬サークル Triple Crownのブログ兼HPです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高松宮記念

高松宮記念。
春の電撃スプリント。しかしコースが改修されてからすこし違うのではと思っている。
スタートしてから加速したままコーナーに入り、そのあとは412mの直線。勾配は西日本の競馬場で最大。
トップスピードを維持しながら坂を駆け上がっていくとなると、求められるのはスプリント的斬れより1400m的持続的斬れ+パワーでないか。それらを兼ね備えている馬を探したい。

◎ ロードカナロア 前走1400重賞を勝って、香港スプリント、スプリンターズSを勝っているのだから素直に。

○ マジンプロスパー 阪急杯で2年連続好走しているように、1400m重賞に適性はある。
  去年の高松宮記念はG1初挑戦で0.3差と地力を示した。

▲ サンカルロ 推奨理由はマジンと同じように1400実績。あと脚の続くシンボリクリスエス産駒というのも。

△ ドリームバレンチノ 非主流血統の晩成型。底力勝負は望むところだろう。

注 シルクフォーチュン ダートの差し馬というのは、今回のコース形態にドンピシャではないのか。

穴 アドマイヤセプター もともと中距離を走っていた馬。前走中山1200は条件がさすがに合わなかったのではな  いか。東京1400がこの馬にはあっているように思える。
  父キングカメハメハ 母アドマイヤグルーヴだから血統の格はG1級。条件が厳しくなって覚醒期待。

消し サクラゴスペル。父サクラプレジテントはスペシャルウィークに血統が似ている。そこにSeattle Slew だか   らリーチザクラウンみたいな雰囲気が。G2止まりの馬ではないのか。
 
   クボ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。